妊娠線って何?妊婦さんはみんな妊娠線ができるの?

妊娠線はお腹が急激に膨らむことに、皮膚がついていけなくて、真皮が避けてできる亀裂です。

 

妊娠中には胸も大きくなりますよね。ということで、胸にも妊娠線ができるんですよ。また妊娠中は体重が増加しやすいので、お肉がつきやすいお尻や二の腕や太ももにも、妊娠線ができる方もいます。

 

妊娠線は妊婦さんみんなにできるわけではありません。妊婦さんの中には、あまりケアをしていなかったけど妊娠線できなかった!という方もいるんです。

 

経産婦さんは妊娠線ができやすい!?

妊娠線ができやすい人の特徴とはどのようなものでしょうか。まずは経産婦さんです。経産婦さんは一度大きくなった子宮が大きくなるので、簡単にお腹が大きくなるので、妊娠線が出来やすくなります。

 

さらに、「一人目の時に、妊娠線が出なかったから私はケアをしなくて大丈夫!」ということでケアをせず、妊娠線ができてしまうパターンや、一人目の子供に手をかけなければいけないので、自分のケアをしている時間がないというパターンなどで妊娠線ができてしまいます。

 

肌の弾力がない人&乾燥肌の人は妊娠線ができやすい!?

先ほど、経産婦さんは一度妊娠しているので、皮膚が伸びやすく妊娠線ができやすいと述べたのですが逆もあります。

 

皮膚の伸縮が悪い人は、肌が無理やり引っ張ったゴムのように伸びるので、亀裂が入りやすいんです。ですから、妊娠線が出来てしまします。

 

この他にも、乾燥肌の方も妊娠線が出来やすくなってしまいます。保湿をすることで、妊娠線を予防することができるので、乾燥肌の方は妊娠初期のうちから、保湿をしっかりやっておきましょう。

 

ぽっちゃり体型の人は妊娠線ができやすい!?

ぽっちゃり体型の人は、妊娠線ができやすいんです。具体的に見ていきましょう。ぽっちゃり体型の人は血行が悪いですよね。運動不足だったり、あまり動かないのに食べてばっかりいる人は、血行が悪いので、血液がスムーズに流れていないところに妊娠線ができてしまいます。

 

リンパの流れが悪い人は、老廃物や毒素が体内に蓄積されています。肌も体も健康な状態ではないと、代謝も悪くなってしまうので妊娠線が出来やすくなります。

 

皮下脂肪が多い人も、妊娠線が出来やすくなってしまいます。皮下脂肪は伸縮性がないので、お腹が膨れてくると耐え切れずに、避けてしまいます。食べ過ぎには注意したいですね!

 

妊娠線ができないようにするためにはどうすれば良い?

妊娠線ができないようにするために、まず保湿です。保湿はオイルやクリームが効果的です。オイルの方が効果的!と最近言われていますね。クリームでももちろん効果はあります。

 

大事なことはどんな保湿アイテムであっても、毎日続けるということです。毎日続けるのは面倒ですが、肌が乾燥してしまうと、妊娠線はすぐにできてしまいます。

 

また急激に太らないことも大事なことです。赤ちゃんの成長は別として、たくさん食べたりすると、急激に体が大きくなりますよね。そうなると、肌がついていけずに、避けてしまいます。

 

出産のために太らないように!と言われることが多いと思いますが、肌のためにも太らないことが大事です。

 

妊娠線ができてしまったらどうする?

妊娠線ができてしまっても、基本的に保湿は続けましょう。妊娠線ができてしまったからと言って、もうやめた!とケアをやめてしまうと、妊娠線がひどくなってしまいます。

 

妊娠線も比較的経度のものだと、そのまま保湿を続けていれば線が目立たないのですが、ひどくなってしまうと、レーザーで治療をしないといけなくなります。治療はレーザーを使うので、クリニックでの治療になります。

 

妊娠線は1度できてしまったら、完全に消すことはできないとも言われています。まだ妊娠線ができていないという方は、そのままケアを続けてくださいね♪

更新履歴